恋に近付く

男性へのアプローチ

鈍感な男性は非常に多くいます。それとなく想いを伝えたつもりでも、全く反応無しって経験ありますよね。
こんな男性への受け答えには、「でもそんなところ好きだな。」と付け加える。
これってどっちの意味なんだろう…?と考えさせますよね。
ラブでもライクでもとれる好きは、必ず相手の心に残ります。

相手に触れる事は、自分を身近に感じさせる道具です。
男性の場合は女性と身体を触れ合う事を特に意識します。
露骨に手を握ることでは無くても、隣に座った時に腕や脚が触れ合っているだけで強烈な印象を相手に与えます。
コンビニの店員さんからお釣りを受け取る際に、手が触れ合っただけで好きになったという男性の話も聞きます。

女の武器は使うべき!!
「泣かれちゃったら、その後はもう攻められないよ。」よく男性は、女性の涙をズルさの代名詞としてこういう発言をします。
逆に言えばそれだけ、男性の心を揺さぶる効果があるのです。
涙まで流さなくても会話の途中で、悲しい表情をするだけでも男性は気になって仕方ありません。


女性へのアプローチ

例えば女性をデートに誘う時に、「いつ遊ぶ?」「いつ会う?」「次の日曜日にデートしよう」等と始めから予定を決定させる質問はNGです。
女性への誘いは必ずどこかに、逃げ道をつくってあげて下さい。
「それでは逃げられるだけで、いつまで経ってもデート出来ないじゃないか」とお考えでしょうか?
大丈夫です。「もし会えるとしたらいつが良い?」こう聞けば良いのです。
もし相手の女性が「次の日曜日空いているよ。」と答えたなら、「じゃあ遊ぼうか?」と言えばOK。

女性と急接近を望むなら、デートの行き先は映画館か高所が効果的です。
映画館なら男女が登場するアクション映画、アクションのドキドキ感はあなたと過ごす時間のドキドキ感とリンクします。そしてラブシーンがあれば完璧です。元々暗い映画館は、2人だけの空間を作りやすい場所です。
高所と言うのは、夜景の見えるビルの展望レストランや山の頂上等の高所のことです。これもドキドキ感を演出するのに事欠きません。

女性を褒めてあげる。
ここで注意して欲しいのは、褒めすぎると軽い男だという印象を持たれてしまいます。
女性の容姿や長所を褒めるのも大事ですが、短所を褒めてあげるともっと効果的です。
会話の中で女性が自分の短所を悩んでいる話が出たのなら、「そういう君も良いよ。」と一言が相手の心をつかみます。

inserted by FC2 system